さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ウェディング・プランナー(原題:The Wedding Planner)

c0063627_0275486.jpg

主演、ジェニファー・ロペス、マシュー・マコノヒー

恋してはいけない、花婿にだけは
なんともステキなキャッチフレーズですね。ラブコメ観てニヤニヤァとしたいときにはもってこいの一本です。

お父さんが「スカパーとるぞ」と宣言したときはそれにあまり興味がなかったのですが、ヒマな時にポチっとつけると一日中映画がノンストップで流れてるではありませんか!なんじゃこのおもろさわ!!!と心を打たれてから何年経ったかな。今でも番組表とにらめっこして予約してはDVDにという日々が続いております。
そんな中で結構初めのほうに出会ったこの映画は、ほんまに偶然目にしたもので、わざわざチェックまでしてなかったのですが、見ていくうちに「結構おもしろそ」とか思って結局最後まで観てしまったというよくあるパターン。

前はジェニファー・ロペスを要チェックしたことはほぼなかったのですが、この映画を観終わったあと、彼女の曲”All I Have”のプロモーションビデオをなんとなしに見たら「むちゃくちゃ泣いた顔かわいいやんっ!」と思いまして、それから何本か出演作品を立て続けに観た思い出があります。鼻のあたまが赤くなるのがすごくかわいかったので、思わず「こいつなら」と。(なにが

さて、作品の紹介ですが、
S:幼い頃から花嫁に憧れていたメアリー(ジェニファー・ロペス)は、今やサンフランシスコでトップのウェディング・プランナー。けれど仕事に打ち込む余り、自分自身の恋にはうとく、父親のサルバトーレ(アレックス・ロッソ)はそんな娘を見かね、幼なじみのマッシモ(ジャスティン・チェインバース)との見合い結婚を勧めるが、メアリーは彼に心を開くことができない。そんなある日、大手食品会社の社長令嬢フラン(ブリジット・ウィルソン)が予定している結婚式の仕事が入る。3ヵ月後の式を前に慌ただしい日々を送るメアリーだが、ひょんな偶然で医師スティーヴ(マシュー・マコノヒー)と出会い、デートをし、たちまち恋に落ちてしまう。しかし、彼こそ顧客フランの花婿だった。という、展開としては誰しも予想ができるものです。
ですが、ラブコメ好き~という人は結果がどうなるかわかっていても、内容が、展開が平べったくてもニヤニヤニヤァァァとしたいものなのです。

劇中の彼女はまるで本当のウエディングプランナーのようにテキパキとなんでもこなし(まあそういう役やしね)全体を通していろんな意味でライトですので、ガチッと構えなくても気楽に観れる映画だと思います。マッシモ役のジャスティン・チェインバース、私はスティーヴ役のマシュー・マコノヒーよりも彼のほうが一途で優しくて、ちょっと空気が読めない感じなのでステキに見える。(ぇ この人、実はckの元モデル、絶対に私生活ではかっこよさそう。根拠はもちろんナシ。でもイタリア人だよ、それだけでかっこいい・・・。この作品が彼の映画デビュー作やけど、他にはヤング・ブラッド(原題:THE MUSKETEER)でダルタニアン役を演じています。役名でお分かりになる方もいらっしゃると思いますが三銃士がらみの話。小さい頃に親を殺されたダルタニアンがその復讐をするアクションたっぷり映画!パッと見はかっこいいっって感じやけど、実は笑ったらスキっ歯なとことかも愛嬌があってかわいい。あと、小道具のマーブルチョコとかマカチーがなぜかすごくおいしそうに思えてしまうんで映画は不思議だ。もしかして結婚を迫りたいカップルで見るといいのかな。いや、あかんのか(どっち

まるでジェニファー・ロペスのために作られたようなこの映画、観終わったらきっと彼女に、というかウェディング・プランナーという仕事に憧れてしまうこと間違いなし!話の結末に満足するひとも、納得いかないという人もあるだろうけど、だって春やから、友達と観てニヤニヤするも良し、「ありえん」とか嘆くも良し。是非、楽しんでください。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-09 15:00