さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

セレンディピティ(原題:SERENDIPITY)

予告したことにより、野球ネタはムシです!
c0063627_22371262.jpgセレンディピティ(原題:SERENDIPITY)

それは、恋心ふるえる“幸せな偶然”
運命の人なら、きっとまた逢える


そうです、お得意、コメ不足のこの時代にラブ米でございます◎

S:クリスマス前のニューヨーク。買い物で賑わうデパートでジョナサンとサラは出会った。それは偶然に同じ商品の手袋へ手を伸ばした時。2人は譲り合っているうちに惹かれ合うものを感じ、“幸せな偶然”という名のカフェ“セレンディピティ3”でお茶をする。2度目の偶然の再会はすぐに訪れ、2人は運命を感じはじめていた。しかし、サラはこれが本当の運命なのか試そうと、ある“提案”をして去っていった。数年後、ジョナサンは婚約し、一方サラはミュージシャンの恋人から求婚されていたが、まだ2人はお互いを忘れられないでいた…。

ですって。
もちろん、というか、ラブロマンスを描いた作品ですので準備も特にありません。
好きなジョン・キューザックの出ている作品ということで、しかも舞台は冬ってことで、
その点では期待度マンテンで挑んだわけです。
裏切りませんね~冬場のラブストーリーは!!!!

”幸せな偶然”・・・いい言葉であります、先生。そんな名前のカフェ、さすがニューヨークは。
つかまえられそうやのに、もうちょっとで失敗、すれ違いっていう流れはよく見られますが、
この作品、私はサントラに助けられたのでは・・・と勝手に解釈。
映画の冒頭、クール・ユール(cool yule)。どんなけワクワクするか、この曲聴いたら。

う~ん、もしかしたらその曲聴いて本編見ると「あれ」ってなる・・・かもしれへんけど、
全くもって見苦しいものではないです!ジョン・キューザックもケイト・ベッキンセールも
男前とべっぴん同士やし、<ネタバレ>2人が再会した時のあの空気、
言葉交わすことなんて必要ないのネ(゜_;)
それにしても、冬ってステキ。
ニット帽また買ってもた、これで何個目?毎日とりかえても2週間は持つぞ、これ・・・。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-10-26 23:03