さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チャーリーとチョコレート工場(原題:Charlie and the chocolate factory)

ついにこのレビュー書く日がやってきたわけですね・・・。
昨日、3回目の上映会へと足を運んでまいりました、KIBEです、こんばんひゃ。
c0063627_2192854.jpgチャーリーとチョコレート工場(原題:Charlie and the chocolate factory)

さあ、世界一オカシな工場見学へ!

もちろん、☆は無条件に3つの評価でございます。
勝因も、やはりもちろん、ダニー・エルフマンにアリでは。
ティム・バートンにジョニー・デップ、ウンパルンパ、強力なキャラクターに何時も負けていないもの、
それが彼の音楽であります、隊長。

S:業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日、工場の経営者ウィリー・ウォンカ氏は、全商品のうち5枚だけに入っている“ゴールデン・チケット”を引き当てた者にだけ、特別に工場の見学を許可する、と驚くべき声明を発表した。そして一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーも、奇跡的に幸運のチケットを手にし、晴れて工場へと招かれるのだが…。

ってゆうか、ストーリーは書かんでもご存知の方多いのでは。
この作品の前にも映画化になっとるし、本もいっぱい出てるので、予習のために見た方も多そうですね。
何を隠そう、私もその一人でございます。日本での公開はなかったというウワサ。
こっちのウォンカもかなり個性的、うちに秘めるパワーはこっちのがすごそう(゜~゜)かなりオススメでござい。
さて、こちら、おもしろいの一言ですが、もうあらゆるところに数えきれんほどのこだわりが見えていました。
やっぱりそういうところで、映画っていいもんだなぁと、思わず名言が飛び出すほどでね。
ただ、ただ、1回目の上映会はウンパルンパにそっくりの友達やすぴーと、妹との3人。
笑いをこらえるのに必死ですた。
じゃあねー、どこで吹いたか、ご紹介いたしませそ。

<ネタバレ>
・牛を調教。
・確実にわたあめの羊。
・リスのタックルにて「うあぁぁぁ~」。
・黄色い帽子を歌の途中でかぶるフンパルルンパル、あ、ウンパルンパ。
他・・。

もちろんもちろん、購入いたしましたサントラを車で聞きながら明日のフットサルの”初”試合に備えるため、今日はもう寝ます。
明日また更新しま~、おやすみなさい◎
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-11-06 00:23