さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーダ(原題:FRIDA)

この映画を選んではみたものの、ちょっとレビュー書きとみないです、実は。。
記事(感想)自体をいっぱい載せたくなって、先々月に観たこの映画のHPいってみたんですが、
内容をさらに思い出すにあたって、ちょっとというか、かなり切なくなってきたのでやっぱりやめようかなぁって思ってました。

c0063627_13331573.jpgフリーダ(原題:FRIDA)

愛し、描き、生きる

S:メキシコ人の母とドイツ人の父の間にできた4人姉妹の3女として生まれたフリーダ・カーロは奔放な少女時代を過ごす。だが18歳のとき、高校生の彼女はバスに乗っていて路面電車との衝突事故に巻き込まれ、大怪我を負ってしまう。一命は取り留めたものの、この時の後遺症で子供を産めなくなったうえ、重い障害と強い痛みが彼女を苦しめた。寝たきりの生活となった彼女は父の勧めで絵を描き始める。絵の才能を開花させていった彼女は奇跡的な回復を見せた。やがて彼女は壁画の巨匠ディエゴ・リベラに教えを乞うようになり、いつしか2人は恋に落ちるのだったが…。

上に書いたように、ちょっとだけこの映画に関しては、
感想は書きにくいのです。
サルマ・ハエックが好きだし、前々から興味もあり、
観てみたいなぁと思ってた作品ですが、ちょっと難しい。
難しいというより、ここで自分の言葉で感想を書くのが・・・怖い。
自分自身のことが、うーん、世間にバレそうで怖いのです。
ということで、内容に関しての感想は今回少し控えます。
皆さんもし興味がおありなら、直接ご覧になってください。
いや、別に皆を惑わせようとしているわけでなく、
私もここがこうやった!って書きたいんですよ、心から。
ううううん、とにかく観てみて!(ええかげん


ただ、劇中でどうしても聞き逃せない強いメッセージを聞き取ったように感じました。
彼女(フリーダ)の激動・波乱に満ちた人生を描いたこの映画自体の評価はどうであれ(って、アカデミー賞に何部門かノミネートされとるみたいですが)
厚かましくも、自分に重ねて観てしまったんですよね。ごめんね、フリーダ。
この人果たして強い人間なのか、まったく真逆の弱い人間なのか、友達でもなんでもない私には分かりません。
絵も見たことないし、てか、家族にだって、分かってないかもしれませんよね、人は強いし弱いんですから。
が、九死に一生を得たり、究極の幸せや絶望のどん底を味わった彼女が言うセリフ、

「人間は意外と、逆境に強いものなのよ」

が頭から離れないのです。
彼女の人生の「ここ!」を撮った映像があまりにキレイで、こうしてる今もちょっと泣きそうであります。
少なからずこの言葉で、焦点の定まらなかった私をシャンとさせてくれたこの映画、不思議な不思議な映画です。
・・・観たくなった?
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-23 13:54