さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コープス・ブライド(原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE)

買った日にそのDVDを観ることができるというのが、私にとって至福の時なのですが、次の日でも許そう(゜u゜)
今日は下の記事にも書いたよう、買いたてホヤホヤのDVDを観ました。
c0063627_1301220.jpg

コープス・ブライド(原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE)

ホネまで愛してくれますか?

S:19世紀ヨーロッパのとある小さな村。ビクトリアとの結婚を間近に控えた青年ビクターは、ある日森の中で地面から突き出ている人の指のような棒きれを発見する。彼は本番の練習のつもりでその棒に結婚指輪をはめ、誓いの言葉を述べるのだった。ところがそれは本物の人骨で、突然地面から花嫁衣装を着た白骨化した女性が現われるのだった。彼女はこの世に未練を残し亡くなった花嫁で、ビクターの言葉を真に受けて、死者の世界から舞い戻ってきてしまったのだった。そして恐れおののくビクターを強引に死者の世界へと連れ去ってしまうのだったが…。
毎回、映像美や独特のユーモアセンスで楽しませてくれるティム・バートン監督の最新作ですが、もちろんAWESOME!!
作りは”ナイトメア・ビフォア・クリスマス(原題:THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS)”と同じ撮影方法で、
人形を24回/1秒で少しずつ、少~しずつ動かすという何とも体力と根気勝負の作品でございます。
そこの素晴らしさももちろんですが、何といってもティム・バートン作品にはダニー・エルフマンの音楽。
どの作品も然り、それがあってこそたまらん仕上がりになっていると個人的には思います。
ストーリーの感想としては一言、観終わって「切ないねぇ」とため息が出ました。
エミリーは待ちわびた誓いの言葉を聞き、結婚できると思っていた。でも彼は生身の人間。死人の自分とは結ばれない運命。
死んで、骨しかない私なのに、流す涙はまだ残ってるのね・・・って、切ないやん!!と。
ただ、ナイトメア・・・と少しばかりかぶる場面がなきにしもあらず。
もっとグロテスクな愛すべきキャラクターを期待しすぎてましたかな。とにかく、おもしろいに変わりはありませんが。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-05-06 01:51