さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

エリン・ブロコビッチ(原題:ERIN BROCKOVICH)

立て続けですが、”母べえ”のあと、TSUTAYAに行ってDVDを数本借りました。
意外と見てなかった映画、”エリン・ブロコビッチ(原題:ERIN BROCKOVICH)”です。

c0063627_16461826.jpg
S:カリフォルニア州モハベ砂漠の小さな町。エリン(ジュリア・ロバーツ)は元ミス・ウィチタの美貌ながら、離婚歴2回、3人の子持ちながら無職。職探しに出て採用面接の帰り、追突事故に巻き込まれた彼女は、引退を控えた弁護士エド(アルバート・フィニー)に裁判の弁護を依頼するも和解金を取り損ねた。職もなく貯金も尽きかけた彼女はエドの法律事務所へ押しかけ、強引に彼のアシスタントとして働き始める。書類整理中、彼女は不審なファイルを見つける。不動産売却の書類になぜか血液検査の結果が添付されていたのだ。

早起きで眠たかったので、以前からスカッとする映画と聞いていたこの作品を選びました。
とりあえず、星2つとしたんですが、内容は悪くなく、確かに「おー、よかったね!」って感じ。
ジュリア・ロバーツはやっぱり、こういう少し下品な感じが似合うと思うし、
ザ・メキシカンの時みたいな髪型がグーだと思いました。まくしたてる会話とかに。

実話を基にした作品で、実際の訴訟については当時かなり取り上げられたらしいです。
そう思って見ると脚色されたところが、カットされた部分が少し残念なような。
悪いことはエリンに起こりつつも、全体的にはスイスイと事が運ばれていくけど、
未公開シーンを見ると実はもっといろんなことが起こっていたのを知ったので。
確かに最終的にはスカッとしたけど、エリンは無敵じゃない。
から、ハラハラするけど、実際に病気したところとか、ちゃんと見たかったかもと思いました。
あとは、彼氏がいつのまにか帰ってきたところも微妙やったかも。
ま~確かに映画やから、事実を伝えることと娯楽性の兼ね合いが難しいとは思うかな。

実際のエリン・ブロコビッチっていう人が成し遂げたことはスゴイことで、
インタビューみてもパンッとした性格がわかるような印象。
おもしろかったです。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-06-08 17:05