さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:DIARY( 119 )

萎える

久しぶりにコンスタントにブログ更新できたのに、
願いのピノで幸せな気分やったのに、どん底です。。。。。。うぅ・・・。。。

仕事で
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-06-20 23:03 | DIARY

願いの…

ピノー!!
ついに出会ってしまいました☆願いのピノ☆☆☆

c0063627_22495557.jpg


願うは、くびれたウエスト!?はたまた、宝くじ当選!?
いざ当たったら願うこと決まらへん。。

あなたならどうする?
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-06-20 22:49 | DIARY

ラスト不レンズ

こんばんは。

今日は久々に再会した級友たちとご飯行きました☆
昔話に花が咲き、毎回のように同窓会の計画をしだす。
口だけ番長にならへんように、せっかくなので現実にしたく考えてます。
けど、こういう会では必ず!幹事・仕切り役になる私。。
しゃあないなぁ…またまた奔走するか!

実は友だちと談笑しながらも時間が気になって仕方なかった!
待ちに待ったラストフレンズ最終回15分拡大版!見逃すわけにはいかんかったのだ。
シスターAもハマって見てるドラマ、録画は期待できたけど頼んでない手前ハラハラ ハラハラ。。
しかも店内は圏外…!!
日頃の行いがええのか(!?)シスターAに頼まれたママンがグッジョブで(なんのこっちゃ
結果的に家帰ってバッチリ見たぜ!!
シェアハウスのみんなや宗介の過去について、1回分使ってもっとじっくり進めてもよかったのに。。
クライマックスにいきなり全員の詰め込んだ感がありましたね。でも、おもしろかったケロ。

来週は総集編。
…来週までの楽しみができたわん♪

ドラマ見終えたあと、コアリズムで汗ボトボトなるまで運動!
早~く、来~い来い、くびれ腰~♪♪
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-06-20 09:08 | DIARY

ゴールデンウィーク

一番の思い出・・・苦い思い出といえば、子犬にまつわるお話でしょうか。

伯母の飼うワンコ(ミニチュアダックスフンド)に子どもが産まれたのが3月3日。
このブログでも昔、別のワンコが赤ちゃん5匹産んだ記事は載せたことがありますが、
今回は母犬のキャパの問題もあり、3匹でした。
2男1女で元気に育った3匹のうち、オスの1匹はお世話になっているダスキンの
兄ちゃん宅にもらわれていき、残り2匹は伯母の娘(=イトコ)にもらわれることに。
レッドとベージュにそれぞれモカ、ラテという名前をもらい、今も元気に育っています。

c0063627_15168.jpg

母犬と娘-女同士でおしゃべり

c0063627_162652.jpg

父犬と息子-男は黙って昼寝

c0063627_171557.jpg

母犬と子犬-お母さんは、大~好きっ☆

c0063627_183630.jpg

父犬-犬の世界でも父親は放っておかれ役・・・ドンマイ、もうすぐ父の日!


で、まだしつけが出来てない子犬たちにマーキングされたのが今年のGW最大の恥。

いや、厳密にはマーキングされに行った・・・?

こっそり床に排泄してあったものの上に、ごろんと寝転んだkibeでした。

それをみて大爆笑の人間たちにテンションがあがり、子犬たち、更にウレション。

せっかくブログに載せる話が、こんなんでゴメンナサイ。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-05-10 01:11 | DIARY

ゴールデンウィーク

はてさて、昨年のGWは何をしていただろう??
・・・はっ!記憶に新しい記事の通り、東京へ集団就職ならぬ一人旅をしていました。
テレビで見る光景が目の前に広がっているというのは、嬉しいような心地悪いような。
やっぱり姫路が好きですと実感したような記憶があります。
(新しい靴はいていったから、靴ずれしたし)

今年のGWはダイエットに励んでおりました。
出先での食事は極力抑え、せっかくの一週間の休みを有意義に(有意義にっ)使いました・・・。
ちょっと今回は書くこと多そう!

4月26日(土) 新しいモデムが届き、セッティン
今まで、お父さんに何の感謝もせずネットし放題をしていたこと、心からゴメンナサイ(t_t)
説明書通りにして、こんなにも上手くいかへんもんか!!!と痛感しました。。トホホ。
ランプ点かへんし、ネットつながらへんし、終いにはパソコンの電源が入らなくなる始末。
長時間立ったり座ったりの繰り返しでイライラは爆発寸前。
最終的に「プスン、プスン、・・・ビーーーーーー!!」と鳴り出したパソコンを目の前に呆然。
2時間ほど放置して昼寝してやったぜ!反省しとけ!ってなもんで。
・・・そのあとDellに電話して直し方指示してもらいました。。直ってよかった。。

4月29日(火) フットサル(プリティウーマンズカップ)開催
・・・・の予定が、結局メンバーが揃わず棄権となってしまいました。。
その代わりに、BBQ大会を我が家で開催。結果:楽しかったです。
c0063627_0354884.jpg

私にもっと写真のセンスがあれば・・・

とりあえず第一弾としましょう。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-05-10 00:37 | DIARY

平和の象徴

実は東京へ旅行したのは2007年の5月。
ということは、久しぶりにページを覗いてみると、一年の過ぎる早さを実感し、
また、更新への意欲を掻き立てられました。平和。

平和ということで、ハトのスキンに変更。

ここ最近はというと、平日は仕事一本。
特に帰りが遅い!と家族に叱られることもなく、至ってまじめな日々を送っています。
週末はフットサルの練習に行ったり、岩盤浴行ったり、マッサージ行ったり、
なんか字にするとカッコイイ感じの生活!?と思ったけど、そうでもないです。

昨日の晩ご飯は近くのお好み焼き屋さんに両親と出かけ”にく天”が
こんなにも美味!とハッとさせられたところで、モダン焼き一筋だった世界に新しい風。
そのあとスーパーに買い物して、たけのこシーズンに嬉しいなと思ったところです。
※これは一昨年くらいの写真
c0063627_13592279.jpg

ちょうどええタイミングで金本の2000本安打の瞬間をこの目で見れたことに感謝。
最近、スポーツの名場面集とか、オリンピックの過去の映像とか流れるたびに、
なぜか涙が止まらなくなる体質に変化、あ、岩盤浴のおかげ・・!?恐るべし・・・。

実は家のパソコン&電話を光にグレードアップしようと試みて、一旦ネットを断ち切ったんですが、
「工事できません」と言われてしまって、またADSLに戻す作業中なわけで、
今月末にはめでたく復活☆する予定なので、それくらいからまた、更新もがんばりまする。

おもしろいこと書けるかどうか分かりませんが、またよろしければ覗きにきてください。
しばらくページ自体目にしてなかったのに訪問してくださる人の数がなんともうすぐ1万人!
この場を借りて御礼申し上げます、また来てね☆
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2008-04-13 14:05 | DIARY

近況

前回の投稿、3月7日。
おおよそにして5ヶ月ちょい!あぶねー、もうちょっとでページ消滅するところでした・・・。

何の更新もしていないのに、結構皆さんが足を運んでくれることに、
さすがに胸を痛めましたので、久々に近況報告と題し、更新します。

元気です。
が、元気ない日が交互にやってきます。
日々の業務はこなしています。
同僚とも楽しく昼食を共にしています。
けど、際ギリギリを歩いているような感覚です、スリル満点の毎日です。

5ヶ月の間に旅行いろいろしましたので写真載せようと思います。
c0063627_21263452.jpg

浅草ロック座です。

c0063627_21273985.jpg

花屋敷です。

c0063627_2130561.jpg

雷門です。かみなりおこし、山ほど試食しました。

c0063627_2132041.jpg

上野動物園です。

c0063627_21421924.jpg

上らなかった東京タワー。

5月の話でした。
続きまして7月には友人の結婚式が催されました。
たくさんの人たちに見守られながら、両親への手紙を涙こらえて読む花嫁に
不覚にも感動させられました。
その数日後、親戚連中で食い倒れツアーへでかけました。

c0063627_21511279.jpg

水族館のアザラシ。こいつと、握手しました。

最近、和歌山と奈良をはしごしてきました。

c0063627_21551963.jpg

ある海岸沿い。

c0063627_21561995.jpg

図書館あっちやで。

まとめますと、情緒不安定な毎日といったところで今日はお開き。
また更新しにやってまいります。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2007-08-16 21:57 | DIARY

闘病生活⑦

なんとか生きているKIBEりん、初めての入院生活に驚きの連続でした。
入った病室は7人部屋で、一人のおばさんが既に入院してらっしゃいました。
耳の鼓膜の手術をしたらしく、耳が聞こえにくいそうで、
声が出ない私とは最後の最後まで話がかみ合いませんでした・・・(笑

脱水症状も出ていたため、キツイめのステロイドの入った点滴を一日2回、
外出禁止で一日中ベッドの上で、ヒマを持て余していました。

家族を始め、友達、知り合い・・たくさんの人がお見舞いに来てくれました。
本の差し入れが嬉しく、ゴロゴロしながら約6、7冊、すべて読破しました。
でも何より嬉しいのは、人の顔が見れること、会話ができること。
さすがに調子に乗って喋ると疲れるし、喉も万全ではないので、本領発揮というわけには
いきませんでした。耳鼻科と眼科を間違えた話とか、話題は尽きないのに・・・。

食事も初日の汁物オンリーからは、だんだんと解放され、アイスクリームだって食べました。
だんだん、少しずつ少しずつ、良くなっていきました。
c0063627_21445767.jpg


4泊目の金曜日には外出も許され、家に帰りとりあえずお風呂。
こんなに気持ちいいものかと、日本人で良かったと痛感いたしました。
そして5泊目、土曜日に無事、退院することができました。

生きてます、みんな、ありがとう。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2007-03-04 21:46 | DIARY

闘病生活⑥

時間も遅かったため、いちいち荷物を取りに帰るなんてことは出来ず、というか患者やしね。
入院の準備を看護師さんが急いでしてくれて、その間、血をとったり検尿したり色々と。

まだまだ意識が朦朧としているKIBEりん、病気への恐怖や、会社のこととか、他もろもろ、
一気に考えて「・・・どうしよう・・」と、まるで犯罪を犯したかのように怯えました。
心配してもしゃあないやろと励ましてくれるママンの声も遠く、今までにないくらい落ち込む。。

その日はベッドに入るなり点滴をしました。
だいたい1時間半強くらい、じーっとベッドに横になり、消灯した病室で一人、涙する。。

幸い、キツイ点滴がすぐに効いてきて、一日の苦しさを少し忘れられるほど楽になり、
少しだけ眠ることができました。と、言っても3時間ほどやけど。。

次の日、食事の前にまた診察。そこで改めて先生に色々と教えてもらいました。
病名は3つあり、合併的に煩っていること。
どこがどうなって、何が起こっているのか。
これから少しでも悪くなるようなら、喉の切開、そこからの呼吸になると。
それから、もう一日遅かったら、死んでただろうということも。。。

恐ろしくて声も出なかったけど、あ、声は元々出えへんかったんやけどね、
”生かされた”のかと、なんともいえない、ただ鳥肌だけがずっと消えませんでした。
結果、実はシップや濡れタオルで冷やしたのが一番ダメだったようで、症状を悪化させたと。
BB耳鼻科を恨んでも恨みきれへんけど、とにかく助かった私がいることを思うと、
何もかもに感謝するほか無かったように思います。あー、よかった、生きとって。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2007-03-04 21:25 | DIARY

闘病生活⑤

心配する両親に付き添ってもらい、23歳の情けない娘はテンションガタ落ちで病院へ。
事前に電話をしていたので、即待合室に。
既に時刻は8時半を回っていましたが、そのCC耳鼻科は救急もやっているらしく、
加古川や高砂からも救急車で運ばれてくるような人を診ているようで、遅くまでやってました。

結局その日は私が最後の患者となり、やっとこさ先生の前に通されました。
どうやらその病院の院長先生らしく、BB耳鼻科と同じく結構お年を召されている容姿。
また同じ結果だったら・・・と心配しているのとは裏腹にテキパキとこなしていく先生と看護師。

一通りの問診を終え「その声は完全におかしいね」と言われ、余計に恐怖が増す。
小さい鏡がついた器具を使い患部を診た先生「あ、これはアカンわ、入院して」。

ぇ・・・・・・・・・・・・・・・。

驚きと恐怖とで意識が遠のきそうな私を尻目に、次にビデオカメラを用意し始めた先生。
その患部をよりハッキリと診るために鼻から管を入れ、その先にあるカメラで映すのです。
受付で待っていたママンが呼ばれ、一緒に映った映像を見る、言うまでもなく悲惨なもの。
患部は声帯と食道と気管の入り口付近。炎症を起こし水ぶくれ状態。
通常時の写真を見せてもらったけど、5、6分の1程度しか気道確保できておらず、
息が出来ず、何も飲み込めないはずだ、といった感じのものでした。

「なんでこんなんになるまで放っとくんや!」、案の定怒られた親子・・・。
でも同時に「苦しかったやろう、よう頑張ったな、もう大丈夫やからな」と言われ、
張り詰めていた緊張の糸がプツンと切れたように、洪水のように涙が止まらなくなりました。
いかんせん、息が出来ないので泣くと余計辛かったのですが・・・。

そしてKIBEりんは人生初の入院生活を強いられることになったのです。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2007-03-04 21:10 | DIARY