さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー

<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

質より量?量より質?

昨日(?)は見ず知らずの人に勝手に心の中で怒ってしまった・・だから負けたんかなぁ。。

さあ、昨日の夜から部屋の片付けをしていました。
わたしは収集癖があるのか、なかなかコレクション好き。
もちろん、映画も大好きなのでDVDレコーダーなんて代物を手に入れるまではVHSという形でコレクションしていたわけですが、それも場所をとるだけだということに最近になって気づき始めて、毎日VHS→HDD→DVDっていう作業を鬼のようにこなしてます。
血液型はO型で、部屋もO型らしい・・・クリーンさ。
VHSはホームセンターでよく売ってる、下にコロコロがついた重ねていくらでも置ける入れもんの中にしまっています。
中を開けて、「ああ、これ観たなぁ、懐かしいなぁ」なんて言ってると知らない間に夜中に。
「やってもた・・・」って思ってたら知らないあいだに”花より男子”を読んでいた為、明け方に。
片付ける能力はサルよりも低いと知った一日です。

なつかしかったVHSはどんなものが残っていたかというと・・・
<あ行>
・アイ・アム・サム(原題:I AM SAM)☆★★★
・愛ここにありて(原題:HERE ON EARTH)☆
・赤影Red Shadow☆★★
・アニバーサリーの夜に(原題:THE ANNIVERSARY PARTY)☆?
・アバウト・ア・ボーイ(原題:ABOUT A BOY)☆★
・アバウト・シュミット(原題:ABOUT SCHMIDT)
・アメリ(原題:AMELIE)☆★★
・アメリカン・サマー・ストーリー(原題:AMERICAN SUMMER STORY)☆★★
・アメリカン・スウィートハート(原題:AMERICA'S SWEETHEART)☆★★★
・アラジン(原題:ALADDIN)☆★★★
・ある貴婦人の肖像(原題:THE PORTRAIT OF A LADY)
・妹の恋人(原題:BENNY & JOON)☆★★★
・インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ(原題:INTERVIEW WITH THE VAMPIRE)☆★★
・ウーマン・オン・トップ(原題:WOMAN ON TOP)☆?
・ウィング・コマンダー(原題:WING COMMANDER)☆★
・ウェスト・サイド・ストーリー(原題:WEST SIDE STORY)☆?
・ウェディング・シンガー(原題:THE WEDDING SINGER)☆★★
・ウェディング・プランナー(原題:THE WEDDING PLANNER)☆★★
・海の上のピアニスト(原題:THE LEGEND OF 1990)☆★★★
・ウォーターボーイズ☆★★
・ウォーターワールド(原題:WATERWORLD)☆?
・ヴァン・ヘルシング(原題:VAN HELSING)☆★★
・エド・ウッド(原題:ED WOOD)☆★★
・エバー・アフター(原題:EVER AFTER)☆★★
・エリザベス(原題:ELIZABETH)☆?
・エンジェル・アイズ(原題:ANGEL EYES)
・O[オー](原題:O)☆★
・オーブラザー!(原題:O BROTHER, WHERE ART THOU?)☆★★★
・オーロラの彼方へ(原題:FREQUENCY)☆★★★
・おしい生活(原題:SMALL TIME CROOKS)
・王妃マルゴ(原題:LA REINE MARGOT)
・男と女(原題:UN HOMME ET UNE FEMME)

など・・。
☆:鑑賞済み、★:カテゴリにあるヤツと同じ、?:覚えてない、未記入:未見

まだ観てないやつも中にはあって、見たけど書いてないやつもあります。
傑作もあれば駄作も。。
なんか書き出したら自分が凄い人のように感じてきたので、この作品紹介は少し続けようと思います。
イヤってゆうても、紹介し続けます。

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-30 17:47

写真集

c0063627_2374047.jpg

そのい~ち
USJのお土産:先週末、妹が会社の新人歓迎会に参加すべくUSJに出かけていったのです。
もちろん、もちろん、もちろん、お土産を頼んだわけですが、期待以上の質に満悦なわけです。
クッキーモンスターのクッション(エルモのは既に持っているので◎)
スパイダーマンのポップコーン入れ(これは近々、ruuuちゃんにプレ予定)
シュレックの耳とドンキーの耳+シッポ
テーマパークに行くと、必ずこの”耳カチューシャ”たるものを目にすると思いますが、実は他にもコレクションが。。
c0063627_2313275.jpg

チップ(とデール)の耳に、スヌーピーの耳。相場としてはUSJの耳の方が500円ほど安かったと記憶。
そのに~
c0063627_2315568.jpgc0063627_23151851.jpg
両親の勤める工場で栽培しているブルーベリーの花。
ってゆうても、他のことで忙しくお手入れが行き届いてないので今年の夏はあまり実は期待できないとか。
そこらじゅう鹿とかウサギの糞だらけ、花も食べられた形跡が見られるけど、打つテがなくて困ってます。
キレイだから思わず激写。けど、ケータイでとったやつやからあんまり鮮明じゃないかな??
採れたてで作るジャムは美味でしたよ★★
c0063627_23194084.jpg

工場はタケノコの名産地の近くに位置してまして、訪れるとそこらじゅうにヒョコっと頭をだした彼らが。
これは親の”竹”のほうですが。。

少し手抜きかな、この記事は。
ruuuちゃんのお兄ちゃんから貸してもらった幽★遊★白書を夜中に読破したら、風邪をひいてしまいました。
でもそんなことお構いなし、もう一回くらい最初から読みつくすぜ。もしくは古本屋に走ろうか。
最終巻まで読んだのは今回が初めてで、ずっと蔵馬ファンだったけど、やっぱり蔵馬はかっこよすぎ。
でも酎(チュウ)と雷禅(ライゼン)、それからサングラスとったときの戸愚呂(弟)もかっこよかったかなぁ。
もう一回読んだらまた好きな人増えるやろなぁぁ☆

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-26 23:42

フランス

フランスが好きだー!

まるで海が好きだー!並に激白してしまいましたが(ェ?
わたしはアメリカよりもヨーロッパが好き。アメリカも好きだけど、やっぱり歴史とかムシできない派(派とかうっとい??
ということで、わたしの知る、持つ、フランスに関するもの。

DVD:フランス映画のこと。これは自分でも驚くほど持っていたりする。ハリウッドものより断然多いかなぁ。
もちろんヴァンサン・カッセルが出ているものから、若手ならギャスパー・ウリエルがむっちゃかわいい★
購読してる映画雑誌に載ってるので知ったんやけど、むっちゃかわいいから、ほんまに!!
最近ではロング・エンゲージメント(原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES)でオドレイ・ドトゥの彼氏役。
でもわたしが持っているのはエマニュエル・ベアール(最近では8人の女たちとかに出てる人)と共演したかげろう(原題:LES EGARES)のDVD。
紛れもなく彼を見るために即買いしてしまったんですが、内容は2人の子どもと戦火を逃れた未亡人が、ミステリアスな青年の導きで辿り着いた森の奥の安全な屋敷で青年と一緒に避難生活を送る異色ラブ・ストーリー。
そのミステリアスな青年イヴァンをギャスパーが演じているワケ。
個人的にはボウズ頭よりこっちの方が好きやけど、まあどっちもかわいいから許すけど。
えぇっと、個人情報は・・1984/11/25フランス・パリ郊外ヌイイ生まれ・・・・ってタメやんっっっ!!!!!!!
すんません、失礼しました、かわいいとかゆうてすいませんでした。

!!!
気づけばそろそろ出かけなければいけない時間でした。
とういことで中途半端ではありますが、フランスに関する記事でした^^
たぶん、これからも何回か話すると思うのでカテゴリに追加っと★

サービスショットと名うってギャスパーの写真載しとくので、女性の方、コソッと(ムリ? コメントよろしくおねがいしますね^3^いや、個人的に、むっちゃストライクではないんですけどね。。


サービスショット
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-23 12:05

いろいろ

c0063627_131063.jpg最近いろいろな映画をいいペースで観ています。

ブラウン・バニーを観た次の日。
点子ちゃんとアントン(原題:PUNKTCHEN UND ANTON)上映。
昔スカパで撮ってたやつを編集しよーとか思って、観てたらこの映画の予告みたいなんが流れて、おもしろそうだったのでツタヤにてちょっと拝借。

S:点子ちゃんとアントンは親友同士。でも、父のいないアントンは病気になった母の代わりに、内緒でバイトしていて最近一緒に遊べない。c0063627_1325535.jpg一方、点子ちゃんの家は裕福だけど、医者の父とボランティアに熱心な母は留守がちで、母と一緒にいられるアントンがうらやましかったりする……。
という感じの映画。
これはあのー、あれ、「ふたりのロッテ」のエーリヒ・ケストナーの同名小説を映画化したやつです。
ファミリー映画だっていうことと、点子ちゃんとアントンがキャッキャッゆうてるってことしか予習せずに観た映画ですが、これが傑作。
わたしの大好きなミュージカル調であることも嬉しい。
涙する場面が多々ありましたが、それはたぶん個人的な感動ポイント。みんなそれぞれ違うはず。。
子どもの鋭さ、純粋さあってのセリフまわしに、リアクションに驚かされました!
微笑ましいシーンが絶えないのですが、その子どもたち、どちらもかなりかわいい。
世の女性達は特にアントン(マックス・フェルダー)に「キャワイイイィィィl」を連発間違いなし。
脇役も印象が薄すぎず、濃すぎずマル。
点子ちゃんのみーんなから愛されるキャラクターもマル、だから脇役が活きたと実感。
観終わって少し考えた結果、DVD購入を決定。とても好きな映画コレクションにまた一つ追加されました^^
うーん、あと悩むのはこの元になった小説を読むか読まないか・・・。映画だけにしといたほうがいいかなぁ。
だれか、助言を・・。

それから次。次は、僕のスウィング(原題:swing)
c0063627_1342593.jpgこれは2003年公開のフランスの映画。ちなみに点子ちゃんとアントンは2000年でドイツ。
S:10歳の少年マックスは夏休みの間、フランスの北部ストラスブールの裕福な地区に住む祖母の家に預けられた。ある日、彼は街の酒場でジプシー・ギターの名手ミラルドが奏でる音色を耳にし、心を奪われる。どうしても同じギターを手に入れたくなったマックスは、彼らマヌーシュの居留する地区を訪れる。そこで黒い大きな瞳の少女スウィングに出会い、粗悪な中古ギターをつかまされてしまう。それでも何とかミラルドにギターを教えてもらうことになったマックス。レッスンの後、彼はおてんばのスウィングに連れられ初めてのいたずらや冒険の世界へと足を踏み出していく…。

お父さんの影響でスウィング好き、ジプシー好き。
だから、上に書いたようなマックスとスウィングの小さい恋に興味をそそられたわけではなく、もちろん劇中の音楽。
”Django Reinhardtの最も忠実な後継者”といわれるギタリスト、チャヴォロ・シュミット(役名ではミラルド)目的。
期待通り、なにかにつけてシビれた。渋すぎ。
映画の最後には涙。鳥肌。最高。
でもいろんな映画評価を読むと退屈とかしんどいとかって言葉が。
やっぱり観るなら何かに興味がないとそりゃしんどいでしょう。だからわたしはかなり楽しめた!お父さんに影響を受けたとは言っても知識はあってないようなもの。いや、ほぼナシ。興味だけはアリアリ。
高校のときにジョニー・デップのショコラ(原題:chocolat)を観て、名曲マイナー・スウィングに出会う。
その後、ジョニーが自ら弾いていたと知って、ジョニーにのめりこむ。
・・とまあ、最初はジョニーのほうに興味がわいてしまったんですが、
ある日、お父さんと一緒にこの映画を見てるとマイナー・スウィングの話に。
聞けば聞くほど興味がわいて、ジャンゴのことも気になるーって感じに。
とは言っても、いつものように情報収集には走らず、今。

僕のスウィング見たことによってやっぱり興味がむっちゃわいてきたので、これから極めてみたいと思います。
インターネットの情報もいいんだけど、今回は本とかむっちゃ読破したい気分。
ということで、明日ジュンク堂いってみよーっと。誰かいい本知ってますか??

ちなみに、この映画・・・。
マックスとスウィングの恋・・とはいっても、音楽の要素が結構あるので退屈と感じる人の方が多いかも。
良ければ試してみてください^^

※文面が少しぶっきらぼうな理由:途中までかなり熱く書いてたけど、ESCを押してしまったので消えた→書く気がかなり失せた。(トホホ・・東京トホホ本舗(ぇ?ダマレ?
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-22 01:26
いやはや気持ちいい試合だったなぁ(^3^)アハハハ

またしても途中で中継が終わってもたけど、聞くところによると・・・
11-2で勝利、3連戦勝ち越してしまったみたい★
c0063627_22313937.jpg

デル・ピエロで表現するとこんな感じ(ニヤニヤ

まあA・B・Eに2HRやられたんはムカッときたけど、
ヒヤヒヤっとする場面もあったけど、その上からそれを抑えるってまた◎
赤星は通算200盗塁成功させたし、井川勝ってよかったねー。あの場面で代えんの!?とは思ったけど。
やっぱりこれこれー、この感じが観たかったのよ。しかも巨人戦でね◎
ほんまやったら上原のときに見たかったんやけどなぁ、泣かしたかったんやけどなぁぁ。
ちなみに昨日の試合のことには触れませんが、何か?(’Å’メ)ァ?

話は外れます。
みんなに見せたい写真コーナー。
こないだからその話題で持ちきりなので。
伊良部とがきデカ
c0063627_2364341.jpg
ヤワラちゃんとラッシャー板前
c0063627_23122723.jpg

こんなんを見つけてしまったので、どうしてもお伝えしたかったのです。

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-21 23:13
c0063627_23233267.jpgヴィンセント・ギャロ監督・製作・脚本・撮影・美術・編集・音楽・主演。

愛にさすらうバイクレーサー、バドの旅が終わるとき、
デイジーは悲しみの彼方からやって来る。


まあまあかなぁ。。
公開になる前にカンヌ映画祭で前代未聞のバッシングをうけたこの作品ですが、なんと、このわたし、ヴィンセント・ギャロの映画だってゆうのにまだチェックしていなかった!!

S:バイクレースで各地を巡業するレーサーのバド・クレイ(ヴィンセント・ギャロ)。ニューハンプシャーでのレースを終えた彼は、黒いバンに自分のマシンを積み、次のレース開催地であるカリフォルニアへ向かう。その道中である日、かつての恋人デイジー(クロエ・セヴィニー)の母が住む家に立ち寄るバド。そこでは、デイジーとの幸せな思い出の象徴だった茶色い子ウサギが今も変わらぬ姿で飼われていた。動揺しながらも再びアメリカ横断の旅に出たバドは、それぞれ花の名を持つ女と出会っては立ち去ることを繰り返す。やがて、デイジーと一緒に暮らしていたロスの小さな家に辿り着くのだが…。(allcinema onlineより引用)

ということで、バッファロー’66でひどく感動したわたしとしては期待度満点で臨んだ映画でした。
でも上に書いてあるようなストーリ展開の前もっての予習はほぼゼロで、最終的にほんわかなるんでしょ?くらいにしか思ってなくて、いろんな意味でガクー。

カンヌで問題になったシーンを迎えたときは正直に「えぇぇ・・・ポルノォ?」と思ったし、それこそずーーーーっと黒のバンを運転するバドを助手席から撮ってるシーンなんかは眠くもなった。セリフだって少ないから自分で考えなあかんことが多すぎてリラックスできひんってゆう人の意見にも賛成できるし、ヴィンセント・ギャロのナルシストムービーはうんざりって声にも少々納得できる。。
でも、これがなぁ・・・、ナルシストが案外好きなわけだ。

どういう話なのかは最後の数十分になってやっと理解。
泣きはしなかったけど、ほんわかもしなかったけど、酷評ものでもなかった。
眠くはなったけど、時間のせいかな?退屈ではなかった。
バッファローみて期待しすぎたので、確かにカタスカシではあったけど、これはこれ。って感じ。
映像に関して言えば、バッファローよりもアメリカン。
普段、騒音や大きい音は大嫌いだけど、バイク音は心地よくも聞こえた。
・・・と、いろいろ挙げていくとやっぱ良かったのか?とも思えるので、
「もう映画なんかつくらへん」なんか言わずにまた作ってほしいなと思いました。
公式HPダヨ
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-19 23:53
主演、キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ
あなたはその世界を、知らないほうがいい
ええええ、ホラーなの!!!???

と、お思いになる方いらっしゃると思いますが、見終わった今、ホラーではなかったと思います。
まだ全国で公開になって間もないので、ネタバレだけは避けたいと思います。

これジャンルで分けたら一体どこにはいるんかなぁ。SF?なワケないんか?
・・ということで確かめるべくコンスタンティン公式HPへ。

フィルム・ノワール、ホラー、ファンタジー、そしてダイナミックなアクションの融合でありながら、それらすべてのジャンルを超越した『コンスタンティン』は、異形の者たちが跋扈する異世界と現実世界の境界をも取り去って、ここに初めて誕生する未体験の世界を創り出す。とな?

余計わからん(゜д゜;)

エンターテイメント性はたっぷりあった映画で、ビクゥゥッってなる場面もいっぱいあったし、楽しかった!!
ただ、この映画を心からおもしろいと思えなかった理由はいくつか考えられて、
1、昨日気づいたけど(遅、SF映画に興味ないかも。キライではなくて、もっと人間的作品が好きなんかな、と。
2、あんまり賢くない。複雑な設定とか、話の展開を理解するのに時間がかかりすぎることも判明。
3、2の理由は、仏教だから。
と、まとまりました。

全体的なところは理解したんだけど、不明点が少々。
キアヌ好きな妹がパンフレットを購入したので、帰って即、読破。
なーるほどね!って理解できたけど、できれば鑑賞中に解消したかったかな。
まあそれはわたしの頭が足りひんかったからとして、キアヌは劇中、かなり男前だった!
キャラとしても、憎めなくて、ちょっとはにかんだ場面とかは妹と顔を見合わせてニヤァァァ。。
ただ一つ、リクエスト。タバコの煙の吐き方をもっと、かっこよくしてほしかった!!
ほんで映像美、アクションは◎すごかったと思います。

感想:まあまあおもしろかったかな。いや、楽しかったかな!
    先ほども言ったようにエンターテイメントとして楽しむべき映画では!
    ★★★☆☆

余談♪
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-17 17:22

連敗は3でストップ。

さて、ただいま帰宅いたしました。

フロム映画館。レイトショー。へようこそ。は山崎。日本一かっこいい。

キアヌ・リーブス主演コンスタンティンを鑑賞してまいりましたので、感想はこの後にでもアップいたしましょう。

さあさあ、さあさあ、対中日戦、第2戦!!

結果は2-1で我が阪神タイガースの勝利。
4時から関西テレビ(8チャン)での放送があったのですが、わずか1時間半ほどで終了。
サンテレビで中継してくれや~、結末まで見せてくれや~。
4回裏に連打にて先取点を許して、6回表に関本のタイムリーでやっと取り返す。
彼のガッツポーズに感動して思わず鳥肌。
試合を決めたのは10回表、2アウト1、3塁の場面。6回逆転のチャンスには奮わなかったシーツのタイムリー。
っしゃぁ、勝った!って気持ちもあるけど、素人目で見てやっぱまだ本来の姿ではない?という感じ。
あの息つく間ない熱い厚い打線の快進撃を期待しているのは、わたしだけじゃあないと思うんやけどなぁ。
まあまあ、まだ4月!負ける日もあるわいな!とプラス思考してみたり。。
あとはー、ひーやん、心から頑張ってほしい!

本日の先発は安藤。そのあと藤川からウィルにつないで最後は久保田でシメ。
久保田きたろうに似てるけど、実は嫌いじゃないピッチャー。去年?か一昨年?にたまたまインタビューでびっくりするほど生意気な受け答えをしたあと、見事に打たれてるのを見てから何となく憎めなくて。いいピッチングした日はヒーローインタビューで喋ることもたまにあるけど、アホっぽい喋り方がまた愛嬌あると思うんだよねぇ。これ、けなしてないよ、本気で!
ま、わたしの永遠の片思いは真弓選手だけどね★あ、ごめん、ムーア忘れるとこだった★

なんて話し出したらキリがなくなるので、今日はこのへんで。
1-1で迎える明日の試合、ここは勝ち越さなきゃね。中日は強いけど、それを超えることは絶対できる!

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-17 01:19

いそがしや

はぁぁ、いそがしや、いそがしや!
といっても特に忙しいことはないけど、今日は4時から中継あるんやったっけかな??
お父さんは仕事だからHDDに録画しておいてあげないと!!快進撃撮っといたらなアカン!!

今日は土曜日で、今はお昼の12時半。

今日、これからの予定。
・ジム
・映画
・動物病院
・家でDVD鑑賞(できれば)

あ・・おじいちゃんとおばあちゃんはこれから2人でデートらしい・・・。美術館かな。。
自営業のウチは留守番が必要・・・ピピピッ・・・ケイサンチュウ・・・・・・ポンッ
留守番は妹に押し付けて、ジム2時間ほどいってこよーっと★(ぇ?鬼姉??

お花見やったし、お酒がかなり余ったから昨日もいっぱい飲んでもたし、ちょっと老廃物出しておきたい気分。
いらないものを出したところでリラックスして映画。最高じゃないですか。

今日は~恐らくコンスタンティンを見に行くことになりそう。なんせ妹とやからね。あー楽しみ◎

では、いってきます。

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-16 12:30 | DIARY
さて、一通りアイスクリームを堪能したわたしたち。
量より質ということで、味わってアイスを食べることに重点をおくことをその時決めたわたしたちですが、次の瞬間、その決意がどれほど脆いものか思い知らされました。

なにわうまいもん横丁・・・

ruuuちゃんが先に発見して、まだアイスを物色しているわたしをバシバシ叩き「KIBE、KIBEちょ、あれみてん!!」「なんよーもー・・ん!」現実にこんなマンガみたいなやり取りをしていたかは定かではありませんが、あのときの香ばしい香りは今でも覚えています。

一歩中へ入るとまるで昭和。・・と言えども昭和をリアルタイムで知っているわけではありませんがいわゆるレトロな店構えに、細部にまで及ぶこだわりみたいなものがそこらじゅうに。何より目を奪われたのは美味しそうな食べ物♪残念ながらその時のパンフレットはもうなくなってしまっているし、店の名前は自分でもウロオボエでしかないので詳しくは書けませんが、こんな感じ。
おかき専門店(おせんべい?の方が合ってるの?焼きたてを食べた。)
たこやき(会津屋)←字は分からんけど、こんな感じ?
アイスクリーム(京都/嵐山・・やったかなぁ。に本店があるソフトクリーム専門店みたいなとこ。桜餅アイスを食べた。美味。)
お土産屋さん(阪神タイガースもの多し)
・・・・こんくらいしか覚えてない・・・

いや、とゆうか、たこやきが美味しすぎて他の印象が薄いのであります!
ほんでこのたこ焼き、びっくりするぐらいの美味さに、びっくりするぐらいの熱さ!!

ruuuちゃんは家族に一つお土産を買って帰ってたけど、冷たくなったらやっぱり美味しくなかったとか。
鉄は熱いうちに打て(・・なにが

そこで思い切り服にソースの香りをつけたあと、さらにアイスクリームを物色。

そしてまたあのたこやきが恋しくなり、さらにもういちど食す。

そしてシメにアイスを一つ。

お腹が痛くならんかったのは明らかに奇跡です。

ruuuちゃんは高所恐怖症のわたしを連れて観覧車に乗ると聞かず、でも粘りに粘って諦めてもらうことに成功。(フゥ・・
その代わりにSEGAにて遊ぶ。これがまた楽しかったぁぁぁぁぁ★
さて、帰ろうか・・ふと横を見るとKFC。
そこには=レッドホットチキン。
その横には=コカ・コーラ。
X(エックス)=食す。


次の日はなんとなーーーーーくグルグル言うお腹に構うヒマなく仕事。
まあほとんど気にならへんくらいのグルグルだったので良しとする。とゆうか昼には快調だったしね。

あ~思い出したらまた行きたくなってきたけど、あそこには水族館もあるし観覧車もあるんだよねぇぇぇ。またruuuちゃんにS的発想が生まれてどっちかに無理矢理連れて行かれたらどうしよう・・。

[PR]
by kbkbkb_y7 | 2005-04-15 18:06 | DIARY