さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寝よ

誰も相手してくれへんし、風邪”気味”が風邪になったらイヤやし、寝よ。グスングスン・・・
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-29 22:42 | DIARY

どうなんだ

豆ご飯おいしかった~。
ホット・ドッグに吊るし首ドッグが思ったよりウケたようで、嬉しい限りです。

明日は日曜。みなさんご予定は?
知り合いの兄ちゃんに明日、昼間時間あったら付き合って欲しい場所があるねんと声をかけてもろたんです。
以前、仮を作ってしまった彼に、しゃあないなぁ精神で嫌々ながら
「なんか買い物?どこいくん?」と興味津々のフリで聞いたところ返ってきた答えは

「日本人なら明日は


競馬場やろ」


地元の人間でないので、地理が分からないらしく、道案内を頼まれただけの話でした。

悲しいよ、悲しいよ、何が楽しくて快晴の日曜日にしょーもない兄ちゃんと競馬場なんぞに行かなアカンねん。
まず何で女の子を競馬場に連れて行こうと考えれるかね!ケッ、ケッ!!
こちとらもしかしたらデートの予定だって入るかもしれんのやぞ(ないけど(゜∀゜)でも可能性は、ね?
パチンコやらスロットやらする人間ではないので、ああいう類のものにハマる理由は分かりかねます。
あ、でも宝くじ買うし、アレと一緒??
ともあれ、競馬場の近くにはTSUTAYAもあるし、それに免じて道だけ教えてやろうと思っております。
DVDいっぱい見よーっと、シメシメ。

と、いうことでせっかくのGW2日目、一瞬にして淀んだ気持ちにさせてくれた彼には、
「なんでもええけど、後は勝手に帰れよ」とクギをさすメールを送っておきました(バッチリ!
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-29 20:32 | DIARY

おめでたう



「そらそうよ」

どうも。阪神タイガース岡田監督の名言で始まりました今日の記事です。
こんばんは、GW連休1日目。おうちでまったりKIBEです。

そらそうよ、そら勝つよ。本日も我が阪神タイガース途中ハラハラした場面もございましたが、
見事、東京ヤクルトスワローズに快勝いたしました!(6-3)
(あんまり好きじゃない)青木にホームラン放りこまれたときは愕然でしたが、
甘いのぅ、若いのぅ、2回も同じテは喰らわんのよ、うちの兄貴はねっ!!
後は、巨人が負けるのを見守るだけっと。。メモメモ

コラ!1点入れやがって、オマエら全員、吊るし首じゃあああ!!!!!!
c0063627_18591422.jpg


あ、晩ご飯の時間。
ではまたあとで。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-29 18:59 | DIARY

ヒマ?

もしかして、こんなけ記事投稿しとるあたし・・・・ヒマ!?(゜△゜?)
とは思わないでください。好きで更新しとんやからね♪

さて、ショッピングを終え帰宅しました。
ご希望通り、ウニクロで買い物し、その近くのショッピングモールでしか売ってないだしの素を購入。
いつも一人では重たくて買えない食用油とかガラス瓶入りの調味料を大量購入し、ご満悦のおじい・おばあでした。
先に2人を家まで送り届け、一人でドライブがてらおじいのズボンのすそ直しをお願いしていたウニクロを再訪。
できあがったズボンを受け取り、帰り道のたこ焼き屋さんで、2パック購入。(頼まれたから。)
家に帰ると2人とも、たこ焼きを心待ちにしていた様子、3人でやや急いでちょっと早めの晩ご飯。

で、今に至るということです。
今日一日(まるまる24時間)待ってはみたもののメールの返信はありませんでした・・・。トホホ。
ま、本文にハテナマークとか使ってないし、返事のしようがないって言えばそうやったしっ・・・。
はああああああ、なんでやねん、メールくらい返してよおおおお。何のためにアドレスゲットしたんよおおおお。

今日一日の中で目に見えて最悪だったこと・・・

西日で日焼け(´△`)

以上、KIBEでした。おやすみなさい。。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-23 19:02 | DIARY

フリーダ(原題:FRIDA)

この映画を選んではみたものの、ちょっとレビュー書きとみないです、実は。。
記事(感想)自体をいっぱい載せたくなって、先々月に観たこの映画のHPいってみたんですが、
内容をさらに思い出すにあたって、ちょっとというか、かなり切なくなってきたのでやっぱりやめようかなぁって思ってました。

c0063627_13331573.jpgフリーダ(原題:FRIDA)

愛し、描き、生きる

S:メキシコ人の母とドイツ人の父の間にできた4人姉妹の3女として生まれたフリーダ・カーロは奔放な少女時代を過ごす。だが18歳のとき、高校生の彼女はバスに乗っていて路面電車との衝突事故に巻き込まれ、大怪我を負ってしまう。一命は取り留めたものの、この時の後遺症で子供を産めなくなったうえ、重い障害と強い痛みが彼女を苦しめた。寝たきりの生活となった彼女は父の勧めで絵を描き始める。絵の才能を開花させていった彼女は奇跡的な回復を見せた。やがて彼女は壁画の巨匠ディエゴ・リベラに教えを乞うようになり、いつしか2人は恋に落ちるのだったが…。

上に書いたように、ちょっとだけこの映画に関しては、
感想は書きにくいのです。
サルマ・ハエックが好きだし、前々から興味もあり、
観てみたいなぁと思ってた作品ですが、ちょっと難しい。
難しいというより、ここで自分の言葉で感想を書くのが・・・怖い。
自分自身のことが、うーん、世間にバレそうで怖いのです。
ということで、内容に関しての感想は今回少し控えます。
皆さんもし興味がおありなら、直接ご覧になってください。
いや、別に皆を惑わせようとしているわけでなく、
私もここがこうやった!って書きたいんですよ、心から。
ううううん、とにかく観てみて!(ええかげん


ただ、劇中でどうしても聞き逃せない強いメッセージを聞き取ったように感じました。
彼女(フリーダ)の激動・波乱に満ちた人生を描いたこの映画自体の評価はどうであれ(って、アカデミー賞に何部門かノミネートされとるみたいですが)
厚かましくも、自分に重ねて観てしまったんですよね。ごめんね、フリーダ。
この人果たして強い人間なのか、まったく真逆の弱い人間なのか、友達でもなんでもない私には分かりません。
絵も見たことないし、てか、家族にだって、分かってないかもしれませんよね、人は強いし弱いんですから。
が、九死に一生を得たり、究極の幸せや絶望のどん底を味わった彼女が言うセリフ、

「人間は意外と、逆境に強いものなのよ」

が頭から離れないのです。
彼女の人生の「ここ!」を撮った映像があまりにキレイで、こうしてる今もちょっと泣きそうであります。
少なからずこの言葉で、焦点の定まらなかった私をシャンとさせてくれたこの映画、不思議な不思議な映画です。
・・・観たくなった?
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-23 13:54

日曜だから

ぷは~!!!
お風呂の掃除終わりましたっ!KIBEです、こんにちは!!!
ちょっと今まで見たことないくらいピッカピカのお風呂、皆さんにも入っていただきたい!真剣に!
ついでにワンコも洗いました、うちの木村カエラならぬバークちゃんを。
水にぬれたときのガリガリさを載せたいのですが、どうしても写真をとらせてくれない!残念!

・・・えーっと、せっかくの日曜だから、今日はこれからショッピングに出かける予定にしています。
もちろん、夜には帰ってきて、阪神vs巨人戦を観戦、ダボ巨人軍をコテンパンにいわすのを見ます。
今日は前から約束してたとおり、おじいちゃんおばあちゃんをウニクロに連れて行ってあげるつもりです。
個人的にスカートを購入したいのと、ホームセンターでDVD収納するようなヤツ買いたいのと、靴もほしい・・・。
いろいろあるけど、よ~く考えます。お金は大事だよ~♪♪でも友達への誕プレもあるねん、困った~。。

この4月末のさらに週末に実はやっと欲しかったある人のメールアドレスをゲットいたしました。
早速メールをお送りしたのですが・・・ノー・リアクション。
今頑張って、忙しいのかな、充電ないのかなと思い込むように努力するように努力しとります。(ややこしい
まあどうでもええ内容やったんで、返信するまでもないってことやったんかなぁ。。
・・・ま、いっか。

それから、久しぶりに映画のレビュー載せたら、いっぱい書きたくなったんですよ。
また考えよ。
やっぱり1個だけ載せて、出かけよう。

では。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-23 13:26 | DIARY
ヒマやし、レビュー載せよっと。
何回も何回も観た映画やのに、レビューがないのは不思議でござる。
ということで、ちょっとだけね。
プリティ・リーグ(原題:A LEAGUE OF THRIE OWN)リンクありません、すんまへん
スカッと感動!世界初!女性だけの大リーグ映画誕生!
c0063627_0512981.jpgS:1943年、第二次世界大戦真只中のアメリカ。プロ野球選手たちも次々と戦場へ駆り出され、大リーグの運営は危機を迎えていた。オレゴンの片田舎に住むソフトボール・リーグ選手、ドティ・ヒンソン(ジーナ・デイヴィス)とキット・ケラー(ロリー・ペティ)の姉妹のところへ、ある日プロ野球のスカウトマン(ジョン・ロビッツ)が訪ねてきて、近く発足する全米女子プロ野球リーグに参加しないかと言う。全米から集められた千人の中から64名の選手が選ばれ、4つのチームに振り分けられる中には、ダンサーあがりのメイ(マドンナ)や美女軍団の足を引っ張る器量だが猛打者のマーラ(ミーガン・カバナー)、子連れのエブリン(ビティ・スクラム)など様々な選手が集まった。チームを率いるのは、元大リーグの強打者だがケガで引退、今は酒びたりのジミー・ドゥーガン(トム・ハンクス)だ。最初は女子野球など馬鹿にしていたジミーも、ドティたちのガッツあふれるプレーで女子大リーグの人気が高まるにつれて、酒もやめ、真剣にコーチするようになる。

だってもう、このストーリー展開みて、
おもしろくないはずがないでしょう!?

これは1992年の映画で、それって、シザーハンズ(1990年)と
あんまり変わらへん年なんですよ。
ということで、恐らくお父さんが観よったんを横から真似して
ボーッと観とったんやろなぁと。
すべてのシーンが脳裏に焼きついていて、さらにこのサブイボは
スポーツをやってきた人はひとしおに感じられるのおではないでしょうか。

そうでない人も、スポーツってなんて素晴らしい、いや、ひとつのことに夢中になれるってなんてすばらしいんだと痛感するはず。

もともと、43年から54年にかけて実在した全米女子プロ野球リーグの選手たちの話で、
それがまたいいじゃないですか、フィクションじゃないっていうのがね。
監督はペニー・マーシャルで、あの「レナードの朝」も手がけた人。
お兄さんのゲイリー・マーシャルはあの「プリティ・ウーマン」の監督としても有名でござる。

プリティ(pretty)には「かわいい、可憐な」といった意味の反語として「困った、厄介な」といった意味があります。
(使い方としては間違いですが)まさにこんな映画作りやがって、厄介なやっちゃでよ、ペニー・マーシャル。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-23 01:12

ワオ!

みなみなさま~、いつも大変お世話になっております~。
ここでひとつ、重大なめでたい発表をさせていただきたく思います~。

ゴホンッ
c0063627_2225470.jpg

ジャーーーンッ♪♪

そうです、コメント700件達成でございます!
実はこのブログに足を運んでくださっている皆さんの数もかなりのもので、7.000人を超しております。
そういう影の力あってこそ、続けてられるこのブログ。まだまだ辞める気はありません!
ありがとうっ(堀内孝雄

※ちなみにこの記事、通算170件目の記事でござい!やいやいやい、めでたいやいぃっ!
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-22 22:05

ごめんね。。

と、皆さんの盛り上げに応えないワケにはいかず、熱唱させていただいました。もちろん今日ノドめっちゃ痛い。
9時くらいにカラオケに到着後、楽しすぎたのですが、ふと時計を見るとシンデレラ(KIBEりん)には帰らなきゃいけない時間。
走馬灯のように蘇る、ほんまに言葉では言い表せないくらいの楽しい出来事が山のように。。。
ある先輩は
「一緒に旅行いこか」(キューンッ!!!!!!
また別の人は
「KIBE(当時は名前呼び捨てね)なー、女の子としてかわいい思うで、ホンマ」(イヤーン!!!!!!
さらに
「たまーにスカート穿いてくるんがな、それが何か可愛いねん。」(分かってるぅ!!!!
最後、ある主任は
「わしの息子の嫁にきてくれ、今の彼女とアカンようになったら」(待たんかい!!!!

と、反省浅い本日、このような妄想をエサに、厚かましく生きておりますKIBEでございました。
(はぁ、普段こんなけモテたらええのになぁ)
不安だ不安だと嘆いておりましたが、こうやって楽しい時間を一緒に過ごしてくれる方々がいるというだけで、
十分幸せであることを思い知りました。
しょーもないこと気にしとるヒマがあるなら、次に起こるかもしれん楽しいことを考えて笑っておこう!
と、コメントを書いてくださっている桜チュパチャップスさんが言うように。でも、コケコケコさんが書いてらっしゃるように、
反省もとても大事でございます。
みなさんからは本当に勉強さしてもろてますわ、ありがとうっ♪♪

お母さん
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-22 21:51 | DIARY
いや、まじめに大好きな方の送別会だったし、それが例えば何もない普通の飲み会なら、
週末の用事を理由にして帰ることできたけど、どっちかというとそれをしたくなかったのです。
とことんまで、お付き合いさせてもらいたかったのです。

ということで、半ば強引にママンの電話を終え、近くのカラオケボックスへと足を伸ばす。
12名と大勢で、予約もなしに押しかけたもので大部屋(相撲ちゃうで)は開いてなく、仕方なく2部屋に分かれて盛り上がることに。
最初は主役のいるメインルーム、しかもその主役の隣にポジショニングしたKIBEですが、年齢の差は激しく、
まだまだケツの青いKIBEは知るはずもない歌がノンストップでかかり始める。 ⇒サブルームへ移動。

若いメンバーが集まっていたサブルームでは、比較的最近の曲が流れていたので自動的にそこにステイ。
主任がほんまにエエ歌「イムジン河」を歌ってくれたり、ちょっとウザい先輩がさらにうっとおしい振り付きで「ガラスの十代」を熱傷・・・熱唱。
KIBEりんと言えば、分身のアヤヤの歌「ね~え?」「桃色片想い」に、ハロプロ全般担当しました。
1次会よりもお酒がさらに入り、大好きなジントニックを浴びるように飲み、テンションは頂点に。
そこに神様のイタズラで、モーニング娘。がかかってしまったのです。

マイク離せないよね(゜∀゜)

・・・と、いうことで、昨日はミラクル・ナイトやったわけです。
[PR]
by kbkbkb_y7 | 2006-04-22 21:04 | DIARY