さいきん


by kbkbkb_y7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
3日間しか働いてないのに、やたら疲れた先週でした。
毎週欠かさず見ているドラマ、相棒がついに映画化。見ないテはないということで、
同じくドラマのファンである祖父と妹とで連れ立って映画館へ行きました。

必ず、追いつめてみせます。
c0063627_23555613.jpg
S:不可解な殺人事件が連続して発生し、杉下右京と亀山薫は、現場に残された謎の記号から一連の事件が同一犯による連続殺人事件であることを突き止める。やがて、捜査一課が手詰まりになる中、右京と薫はわずかな手がかりから犯人の次なるターゲットを割り出すことに成功する。しかしそれは、3万人のランナーと15万人の観衆を人質に取るという前代未聞の大規模テロ計画だったのだが…。




とってつけたような言い方になってしまいましたが、実は私よりも祖父のほうが大ファン。
毎回ブラウン管に向かい「っしょーもない」と貶しながらも毎週必ず見ています。

ナントカ・ザ・ムービーと名のつくものはあまり劇場まで見に行ったことは
なかったのですが、おもしろかった・・・!
普段のドラマ版と比べるとかなり大きいスケールに、豪華な演者たち。
でも忘れないのは笑える掛け合い。
本編が始まって早々、角田の「暇か?」で、ツカミはOKといった感じでした。
ただし、スケールが大きいために”面白さ”・”面白くなさ”共に拡大。
時間がなかった為か、登場人物の行動の理由付けが全くなく、ハテ?とした部分も。
とはいえ、熱い気持ちが伝わってきた場面もたくさんあったし、涙もチラリ。
犯人をとっ捕まえてどうの・・じゃない、このドラマならではの良さもあったと思います。

帰りの車の中で、祖父は嬉しそうに「おもしろかったなぁ~」「あいつがこうで・・・」と、
テンション上がりっぱなしで話していました。
映画の出来もそうでしたが、嬉しい瞬間をたくさん味わえたということで、★★★です。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2008-05-11 23:54

ゴールデンウィーク

一番の思い出・・・苦い思い出といえば、子犬にまつわるお話でしょうか。

伯母の飼うワンコ(ミニチュアダックスフンド)に子どもが産まれたのが3月3日。
このブログでも昔、別のワンコが赤ちゃん5匹産んだ記事は載せたことがありますが、
今回は母犬のキャパの問題もあり、3匹でした。
2男1女で元気に育った3匹のうち、オスの1匹はお世話になっているダスキンの
兄ちゃん宅にもらわれていき、残り2匹は伯母の娘(=イトコ)にもらわれることに。
レッドとベージュにそれぞれモカ、ラテという名前をもらい、今も元気に育っています。

c0063627_15168.jpg

母犬と娘-女同士でおしゃべり

c0063627_162652.jpg

父犬と息子-男は黙って昼寝

c0063627_171557.jpg

母犬と子犬-お母さんは、大~好きっ☆

c0063627_183630.jpg

父犬-犬の世界でも父親は放っておかれ役・・・ドンマイ、もうすぐ父の日!


で、まだしつけが出来てない子犬たちにマーキングされたのが今年のGW最大の恥。

いや、厳密にはマーキングされに行った・・・?

こっそり床に排泄してあったものの上に、ごろんと寝転んだkibeでした。

それをみて大爆笑の人間たちにテンションがあがり、子犬たち、更にウレション。

せっかくブログに載せる話が、こんなんでゴメンナサイ。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2008-05-10 01:11 | DIARY

ゴールデンウィーク

はてさて、昨年のGWは何をしていただろう??
・・・はっ!記憶に新しい記事の通り、東京へ集団就職ならぬ一人旅をしていました。
テレビで見る光景が目の前に広がっているというのは、嬉しいような心地悪いような。
やっぱり姫路が好きですと実感したような記憶があります。
(新しい靴はいていったから、靴ずれしたし)

今年のGWはダイエットに励んでおりました。
出先での食事は極力抑え、せっかくの一週間の休みを有意義に(有意義にっ)使いました・・・。
ちょっと今回は書くこと多そう!

4月26日(土) 新しいモデムが届き、セッティン
今まで、お父さんに何の感謝もせずネットし放題をしていたこと、心からゴメンナサイ(t_t)
説明書通りにして、こんなにも上手くいかへんもんか!!!と痛感しました。。トホホ。
ランプ点かへんし、ネットつながらへんし、終いにはパソコンの電源が入らなくなる始末。
長時間立ったり座ったりの繰り返しでイライラは爆発寸前。
最終的に「プスン、プスン、・・・ビーーーーーー!!」と鳴り出したパソコンを目の前に呆然。
2時間ほど放置して昼寝してやったぜ!反省しとけ!ってなもんで。
・・・そのあとDellに電話して直し方指示してもらいました。。直ってよかった。。

4月29日(火) フットサル(プリティウーマンズカップ)開催
・・・・の予定が、結局メンバーが揃わず棄権となってしまいました。。
その代わりに、BBQ大会を我が家で開催。結果:楽しかったです。
c0063627_0354884.jpg

私にもっと写真のセンスがあれば・・・

とりあえず第一弾としましょう。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2008-05-10 00:37 | DIARY

平和の象徴

実は東京へ旅行したのは2007年の5月。
ということは、久しぶりにページを覗いてみると、一年の過ぎる早さを実感し、
また、更新への意欲を掻き立てられました。平和。

平和ということで、ハトのスキンに変更。

ここ最近はというと、平日は仕事一本。
特に帰りが遅い!と家族に叱られることもなく、至ってまじめな日々を送っています。
週末はフットサルの練習に行ったり、岩盤浴行ったり、マッサージ行ったり、
なんか字にするとカッコイイ感じの生活!?と思ったけど、そうでもないです。

昨日の晩ご飯は近くのお好み焼き屋さんに両親と出かけ”にく天”が
こんなにも美味!とハッとさせられたところで、モダン焼き一筋だった世界に新しい風。
そのあとスーパーに買い物して、たけのこシーズンに嬉しいなと思ったところです。
※これは一昨年くらいの写真
c0063627_13592279.jpg

ちょうどええタイミングで金本の2000本安打の瞬間をこの目で見れたことに感謝。
最近、スポーツの名場面集とか、オリンピックの過去の映像とか流れるたびに、
なぜか涙が止まらなくなる体質に変化、あ、岩盤浴のおかげ・・!?恐るべし・・・。

実は家のパソコン&電話を光にグレードアップしようと試みて、一旦ネットを断ち切ったんですが、
「工事できません」と言われてしまって、またADSLに戻す作業中なわけで、
今月末にはめでたく復活☆する予定なので、それくらいからまた、更新もがんばりまする。

おもしろいこと書けるかどうか分かりませんが、またよろしければ覗きにきてください。
しばらくページ自体目にしてなかったのに訪問してくださる人の数がなんともうすぐ1万人!
この場を借りて御礼申し上げます、また来てね☆
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2008-04-13 14:05 | DIARY

近況

前回の投稿、3月7日。
おおよそにして5ヶ月ちょい!あぶねー、もうちょっとでページ消滅するところでした・・・。

何の更新もしていないのに、結構皆さんが足を運んでくれることに、
さすがに胸を痛めましたので、久々に近況報告と題し、更新します。

元気です。
が、元気ない日が交互にやってきます。
日々の業務はこなしています。
同僚とも楽しく昼食を共にしています。
けど、際ギリギリを歩いているような感覚です、スリル満点の毎日です。

5ヶ月の間に旅行いろいろしましたので写真載せようと思います。
c0063627_21263452.jpg

浅草ロック座です。

c0063627_21273985.jpg

花屋敷です。

c0063627_2130561.jpg

雷門です。かみなりおこし、山ほど試食しました。

c0063627_2132041.jpg

上野動物園です。

c0063627_21421924.jpg

上らなかった東京タワー。

5月の話でした。
続きまして7月には友人の結婚式が催されました。
たくさんの人たちに見守られながら、両親への手紙を涙こらえて読む花嫁に
不覚にも感動させられました。
その数日後、親戚連中で食い倒れツアーへでかけました。

c0063627_21511279.jpg

水族館のアザラシ。こいつと、握手しました。

最近、和歌山と奈良をはしごしてきました。

c0063627_21551963.jpg

ある海岸沿い。

c0063627_21561995.jpg

図書館あっちやで。

まとめますと、情緒不安定な毎日といったところで今日はお開き。
また更新しにやってまいります。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2007-08-16 21:57 | DIARY
アップが少し遅くなってしまいましたが、ごぶさたしてた映画館へ足を運んできました。

パフューム ある人殺しの物語(原題:PERFUME:A STORY OF A MURDER)
それは、昨日まで人だったもの。
c0063627_21535371.jpg


S:18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。やがて青年となったグルヌイユは、ある時運命の香りと出会った。それは赤毛の少女の体から匂い立っていた。しかし彼は、怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ、誤って殺してしまう。以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニに弟子入りするのだが、しばらくして、更なる高度な技術を持つ職人の街グラースへと旅立つ。そこであの香りに再会したのだ。香りの主は、裕福な商人リシの娘、豊かな赤毛の美少女ローラだった・・・。

映画冒頭、グルヌイユの出産シーン、よく見る撮影方法で何カットも高速で写していく場面、
魚のハラワタだったり、腐った魚に涌く虫とか、本物なのか作り物なのか分からん赤ちゃん。
CMやチラシやイメージとはかけ離れたその映像に度肝を抜かれました。
個人的にコンディションの調整不足ということで、あまり良いものでは無かったですね。。

序盤は(映像のアレコレはあったものの)引き込まれるストーリー展開で、
その才能をいつ、どうやって発揮させるのか、余計に気になる構造で楽しかったです。
香水作りにやっと近づいて、そのイロハを勉強している段階だとか、グラースに旅立つ所とか、
悪寒交じりのミステリアスな場面も織り交ぜながらで、映像どうのこうのは抜きにして、
実は結構楽しめました。

が。

映画館側の上映の仕方があんまりよろしくなかったのと、(結構飛んだりした)
何か、長いなぁ・・この映画・・・とだんだん感じ始めて、集中力も散漫に。。
やっとこさ採取し終えて、さあ!どんなもんじゃい!のシーン。

ポカアン(゜△゜))

なんで。なんでこうなるのだ・・・。
ということです。
その時点から眉間にシワよせて、イラッとしながら早くオチを見てしまいたいと少し思いました。
不快・・という言葉で言い表すことも難しくて、でも素敵では決してないんですよ。
グルヌイユの切ない心のうちをあらわすシーンがあるのですが、あれは映画用とのこと。
余計分からんわい!と、一人でツッコミを入れ、そそくさと家に帰りました。
なんか帰り道、チャリンコこぐんがしんどかったのは気のせいでしょうか。

ちなみにヒロインのローラ役の女優さんは若干15歳・・。
彼女に関しては見とれるほどのキレイな赤毛に無垢な表情・・・良かったです。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2007-03-07 21:54

闘病生活⑦

なんとか生きているKIBEりん、初めての入院生活に驚きの連続でした。
入った病室は7人部屋で、一人のおばさんが既に入院してらっしゃいました。
耳の鼓膜の手術をしたらしく、耳が聞こえにくいそうで、
声が出ない私とは最後の最後まで話がかみ合いませんでした・・・(笑

脱水症状も出ていたため、キツイめのステロイドの入った点滴を一日2回、
外出禁止で一日中ベッドの上で、ヒマを持て余していました。

家族を始め、友達、知り合い・・たくさんの人がお見舞いに来てくれました。
本の差し入れが嬉しく、ゴロゴロしながら約6、7冊、すべて読破しました。
でも何より嬉しいのは、人の顔が見れること、会話ができること。
さすがに調子に乗って喋ると疲れるし、喉も万全ではないので、本領発揮というわけには
いきませんでした。耳鼻科と眼科を間違えた話とか、話題は尽きないのに・・・。

食事も初日の汁物オンリーからは、だんだんと解放され、アイスクリームだって食べました。
だんだん、少しずつ少しずつ、良くなっていきました。
c0063627_21445767.jpg


4泊目の金曜日には外出も許され、家に帰りとりあえずお風呂。
こんなに気持ちいいものかと、日本人で良かったと痛感いたしました。
そして5泊目、土曜日に無事、退院することができました。

生きてます、みんな、ありがとう。
[PR]
# by kbkbkb_y7 | 2007-03-04 21:46 | DIARY